コラム

ハロウィンにお菓子以外のプチギフトをあげるのはあり?

最近では、ハロウィンもクリスマスなどと同じくらい盛り上がるイベントになりましたね。毎年テレビで仮装をしている方たちを見て、そのクオリティの高さに感心しています。

これくらいのビッグイベントになったということは、それに伴ってハロウィングッズもたくさん販売されるようになったということ。

お菓子以外にも、ちょっとしたプチギフトを贈り合うこともあるのではないでしょうか?

しかし、ハロウィンが大きなイベントになっていることに、まだピンと来ていない方も少なからずいるようです。

ネットの意見や、私の周りの方たちの意見を参考に、ハロウィンにプチギフトをもらった場合どう感じるのかをまとめてみました。

ハロウィンギフトは嬉しい派の意見ともらって嬉しいもの

まずは、お菓子以外のプレゼントがあると嬉しいという方たちの意見を聞いてみました。私の周りでは、女性のほうが嬉しい派の方が多い印象でした。

ハロウィンが近くなると、毎年娘と一緒にジャックオーランタンを作っています。そういう季節のイベントに合わせてインテリアを少しだけ工夫するのが好きなので、ハロウィンを感じさせるちょっとしたインテリアグッズとかいただくと嬉しいですよ。

趣味は愛犬の写真を撮ることなのですが、それを知ってる友達が犬の仮装グッズをくれたことがあります。かわいい写真がたくさん撮れたので、友達に感謝しています。

好きなキャラクターがいるので、いろいろグッズを集めています。ゲームセンターに行ったら、ハロウィンのコスプレをしたキャラたちのぬいぐるみがUFOキャッチャーにありました。一緒にいた彼氏が一生懸命取ってくれて、嬉しかったです。

娘さんや愛犬など、大切な存在と一緒に楽しめるグッズは人気があるようです。

ゲームの景品などは、そもそも手に入れるのが難しいということもありますよね。それでも、相手が欲しがっていることがわかっているものであれば、プレゼントできたとき確実に喜んでもらえます。

ハロウィンギフトは困る派の意見と実際もらって困ったもの

次に、ハロウィンというイベントに、まだピンと来ていない方たちの意見をまとめてみました。私の周りでは男性が多かったのですが、意外と若い女性でも困っている方がいるようでした。

会社の女の子が、ハロウィンにカボチャのマスコットみたいなのを配っていて、ちょっと困りました。お返しを用意していないし、どのタイミングで返せばいいのか、何を返せばいいのか、何もわかりません。

前に付き合っていた彼女が、とにかく記念日を大切にする人でした。僕としては誕生日とクリスマス、バレンタイン、ホワイトデーだけで精一杯なのですが…。結構高いプレゼントをもらってしまい、お返しを考えるとかなり困惑…。

本当にちょっとした消耗品だったら嬉しいです。入浴剤1回分とか、かわいいポケットティッシュとか…。でも、残るものは本当に困りますね。ハロウィンを感じさせるデザインのものは、11月以降はどうしたらいいの?って思ってしまいます。

男性側の意見で多かったのが、「これ以上記念日を増やされると困る」というものでした。彼女がいるときは特に、いろいろと出費がかさんで大変な思いをしている方もいるようです。

また、ハロウィン限定デザインの商品は、ハロウィンが終わった後には使いにくいと感じる方は少なくありませんでした。

やはり無難なのは、相手がお返しに困らないちょっとした消耗品ということのようです。

まとめ

ハロウィンが盛り上がっているのは知っていても、いまひとつ「自分ごと」とは思えない方も一定数います。

プチギフトを贈るときは、相手がハロウィンをどのように捉えているのか、あらかじめ知っておく必要がありますね。

また、オフィスなどでプチギフトを渡す場合は、相手がお返しについて悩まない軽いものがおすすめです。

ハロウィンのシールを貼っておくだけでも、栄養ドリンクや缶コーヒーなどの差し入れもハロウィンのプチギフトに早変わり。

これなら、受け取ったほうも「ハロウィン」というイベントを意識しすぎず、快く受け取ってくれるのではないでしょうか。